真実と感想を分けて考える

 

 

お疲れ様です。

 

自分が中学生か高校生くらいのときだったか、

 

ニュースステーションという番組が始まりました。

 

当時、大人気のザ・ベストテンという

 

歌番組の司会を黒柳徹子さんとともに担当していた久米宏さんが

 

局を移動し、その番組のキャスターになるということで話題になりました。

 

それまでのニュース番組とは全く違ったスタイル。

 

インパクトが大きかったのを覚えています。

 

それまでのニュース番組といえば

 

起こった出来事をただ伝えるだけという印象でしたが

 

キャスターの久米さんや小宮さん、他のコメンテーターたちが

 

感想や意見を述べる時間がかなり増え、

 

そのスタイルが視聴者に受けました。

 

私も当時は正直、面白いと感じ、観ていました。

 

感情にダイレクトに刺激を受けていたからというのもあると思います。

 

その後、他局もそのスタイルを真似していきました。

 

現在はキャスターがコメントを語ることは一般的です。

 

 

この、キャスターやコメンテーターの意見や感想、

 

本人のものか、言わされているのか、わかりませんが、

 

それを視聴している多くの人が自分で気づかないうちに、

 

自分の意見のように意識の奥に刷り込まれていたりします。

 

私は心理学、NLP、催眠療法などを学ぶなかで、

 

少しずつ、そのことに気づいていきました。

 

これはまだ、心理学とかを学ぶ前の、

 

30代前半かそれくらいのときだったと思うのですが、

 

たしか立川志の輔さんだったような、、、

 

雑誌のインタビューで

 

「今のニュースは不要な情報やコメント、意見が多い。

 

本来は教育テレビ(今のEテレ)の手話ニュースのような、

 

出来事だけを伝えるのがよい。」

 

といったようなことを語っていたように記憶しています。

 

当時、その意味をよくわからず読んでいたのですが、

 

なぜか印象に残っていて、

 

NLP、催眠を学んだときに

 

ガッテンがいきました。

 

人は良くも悪くも”感情”で動きます。

 

 

経営コンサルタントの坂上仁志さんという方は

 

ご自身のYoutube動画でよく、

 

「事実」と「感想」を分けて考えよう。

 

と話しています。

 

 

私もカウンセリングをしているときに、

 

それは「事実」か?

 

それとも、そのクライエントの「ビリーフ(思い込み)」か?

 

ということを考え、

 

アプローチをする場面がよくあります。

 

 

とある女性、もう十数年働いていない状態。

 

その方は

 

「私は人とコミュニケーションがとれないんです」

 

とおっしゃってました。

 

この言葉は「事実」ではななく、

 

その方の「思い込み」つまり「感想」です。

 

何がそう思わせるのか?と、少しずつ確認していくと

 

「だって、何を話してよいかわからないんです。」

 

とのこと。

 

私が

 

「最初のカウンセリングから、結構経ちますが、いつも私と普通に話しているじゃないですか。」

 

と言うと

 

「先生は大丈夫なんです」

 

では、どんなときかと確認していくと、

 

初対面の人の前でそれが起こる。

 

女性は比較的OK、身内や友人はOK、彼氏はOK。

 

好きなお笑い番組の話になると結構、語る。

 

確かに、カウンセリングに来た最初の頃は

 

何を話していいのかわからず、もじもじしていました。

 

けれども、

 

来てくれた当初から、その方は

 

私の話す内容をしっかりと耳を傾けて聞いてくれました。

 

むしろ、聴く力は他の方と比べてもとても高いと感じました。

 

コミュニケーションは「話す」もあれば「聞く」もあります。

 

むしろ、「聞く」のほうが大切と言っても過言ではありません。

 

まさにカウンセラーはそうですし、営業でも、他のビジネスでも必要不可欠だったりします。

 

「コミュニケーションがとれない」というのは「事実」ではなく

 

「初対面あるいは知り合って間もない人に対し、話そうとするときに

 

緊張して、何を話そうか、言葉が出てこないときがある。」

 

こっちのほうが「事実」に近い。

 

 

「自分はコミュニケーションがとれない」

 

ということが事実でないという証拠をいくつか

 

本人もそれを見ていくうちに

 

その暗示が解け、

 

その数週間後には長年望んでいた再就職を果たしました。

 

そして、その後のカウンセリングでは

 

就職した先で他の従業員さんから相談されるという話を

 

何度かしてくれていました。

 

 

すべての思い込み、感想、考えが悪いというのではありません。

 

その感想、考えが、誰にどんな影響を与えるかです。

 

その人の可能性を制限するような、役に立っていない場合は

 

それを変化させることで、うまくいくことが多々あります。

 

 

新聞やテレビ、そしてネット、

 

メディアの情報に対しても

 

見たり聞いたり、読んだりするときに

 

 

「真実」と「感想」を分けて考える。

 

 

これは自分が望まない方向に洗脳されないために

 

または洗脳を解くために

 

とても役立つことです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆

 

 

お疲れさまです。

 

アメリカの大統領選が凄いことになっていますね。

マスメディアではバイデン勝利と報道されていますが、、、

実はまだ終わっていないようです。

 

情報の取捨選択力もコミュニケーション力のひとつ。

これからますます重要になってくることでしょう。

 

 

人は五感を使って情報を受け取り、

内側でも五感を使って再構築しています。

 

そして、

言語だけでなく非言語でもコミュニケーションをとっています。

 

メラビアンの法則では

人はコミュニケーション(感情を伴う)をとるとき

相手の以下の情報から判断しているとされています。

表情や振る舞いが55%

声のリズムやトーンが38%

言葉7%

 

言語より非言語のほうが断然多いということです。

 

私事ですが、

先日、おかげさまで父の一周忌が無事終わりました。

あれから1年が経ったのだなあと。

このことに関しては時間が経つのが早いと感じています。

 

父はあまり多くを語らない人でした。

アメリカ人のようにハグしたりとかもないし、

積極的に頭をなでてもらったとか

具体的に褒めてもらったとかというのはあまり記憶にない。
(忘れているだけかもしれませんが。)

どちらかというと黙ってそこに座っている時間のが長かったような。

 

一周忌の前日くらいでしょうか。

お昼休憩に近所を散歩していると

ふと自分のなかにある感覚を感じました。

 

それは温かいような

やわらかいような

小さいような、とても大きいような

なんかよくわからないけれど

とてもよい感覚。

 

言葉でうまく表現できないのですが

なんとなくそれが父から”受け取ったもの”だと感じました。

それが自分の中に”ある”というのを

感じることができました。

父とのコミュニケーションのなかで”受け取ったもの”です。

 

有難い。

 

と、感じるとともに

 

人は

言葉でなくても

目には見えなくても

聞こえていなくても

実際に触れていなくても

離れていても

コミュニケーションをとっている。

 

と、感じることができました。

 

そして、

 

コミュニケーションの意味は受取る反応にある。

 

もちろん

親から受け取るものも取捨選択できます。

 

最後まで読んで下さり、

ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆

お疲れさまです。

 

月9ドラマ「シャーロック」の第七話で

 

「神経言語プログラミング(NLP)」「アイアクセシングキュー(NLPのスキル)」という言葉が出てきてました。

 

シャーロック(誉獅子雄/ディーン・フジオカ)のもとに訪れた依頼人の少年が、

ワトソン(若宮潤一/岩田剛典)の視線を観察、解析して(アイアクセシングキューをもちいて)

ワトソンがウソをついていることを見破るという形で紹介されていました。

 

このドラマはイギリスの推理小説「シャーロック・ホームズシリーズ」を原作とし、

その舞台を現代の東京に置き換えたドラマで、

毎回、主人公のシャーロックは、鋭い観察、分析力で、

小さな事実を集めていき、最後は大きな真実にたどり着いていきます。

 

原作の小説のなかでもシャーロック・ホームズは

 

「ささいな点こそが、最も重要である、というのを私は前々から原則にしている」

 

ということを語っています。

 

≪PR≫
★――――――――――――――――――――――――――――☆

自分らしくNLPを実践し、自分と他者に影響を与える存在になる。

米国NLP協会認定資格取得講座
『米国NLP協会認定マスタープラクティショナー』

※詳しくは記事の後半で。再受講も受付けしております。

☆――――――――――――――――――――――――――――★

 

 

これは私の体験の話ですが、

以前、ある匿名の方からの電話相談を受けたときのこと。

 

その方は

「何がわからないかがわからない」と切り出し、

そこから強い口調でマシンガンのように話しだしました。

「いつもパニック状態にいる」
「何回かカウンセリングも受けたことがあるが、こっちの言ったことを繰り返すだけだ。やっても無駄だ。」
「今日、ある精神福祉関係のNPO団体に自分の状況をFAXで送ったところ、
向こうの担当から電話で「明日そちらに伺いお話をきかせていただき、私たちに何ができるか考えましょう」といわれた。
「必要なことはFAXで書いたでしょ」て感じ。明日、家にくるがそんな人たちにまかせてよいのか?」
「みんな私のことを誤解している。私は誤解をされる。だれも解ってくれない。」
「親友や同僚たち、信頼していた人たちもみんな「あなたと話していると頭がおかしくなる」と言って離れていった」
「親は自分に対して関心がない。こんな状況を何年も放置している」
「仕事はコンサルタントをやっていた。他人の悩みなら助けられるのだが私を助けてくれる人はいない」
「周りは私が感情的だと言うが、私は至って冷静で客観的だ」
「まわりが理解しようとしないからコミュニケーションもうまくかみあわない。」
「答えがでない」
「どんどんドツボにはまっていく」
などなど

 

その方は語り続け、

私はあいづちをうちながら、いくつか気になるところは確認しつつ、

しばらく聴き続けていました。

 

電話相談なので、相手の表情や姿勢、しぐさはみえません。

主に聴覚で

相手の口からくりかえされるキーワード、言葉じり、声のトーン、話すスピードなどを観察し、

同時に自分自身の状態を観察して(NLPではキャリブレーションと呼ぶスキル)

自分は相手の感情に引っ張られていないか、

自分のなかで浮かんでくるイメージや見立てを何度も確認して

 

そして、

この人の欲しているものは?

私にどうしてほしいのか?

この人の(内部で)見て聞いて感じているイメージや感覚はどんなものだろう?

 

そして1時間くらい経ったころ、私から

「あの、こんな感じでしょうか?沼にはまっているとか、溺れているような感じで、
まさにその中にいて、ずっともがいていて抜け出せないでいる。
それに対して、周りは、「そこで溺れてるんですか?」「深いですか?浅いですか?」
「なぜそこにはまっているんですか?」「冷たいですか?」「動けますか?」
「しんどいですよね?」「たいへんですよね?」「私たちにできること何ですか?」
みたいな感じで、こっちは「そんなのみたら大変なのわかるでしょ!」とか、
「さっさと手をつかんでひきあげてよ」と思っているのに、
まわりは的外れな質問をくりかえしていたり、関係ないところ見ていたり、
無視したり、「だれも期待に応えてくれない!」といった感じでしょうか?」

 

と話すと、

 

急に声のトーンが変わって

「そうそう!そんな感じなんです!」

その後、

じょじょに穏やかな口調に変わっていき、

こちらの話す言葉を素直に聞き始めてくれました。

 

私が

「コミュニケーションはキャッチボールにたとえることもありますが、
キャッチボールは投げるほうは相手のうけとれるようなボールを投げ、
また受け取るほうも、つっ立ってないで手を動かしてそれをとりにいく必要がある。
投げるほうも、受け取るほうも、それぞれに責任を持つ必要がありますしね。」

 

と話すと、何か気づきがあったらしく、

それも受け止めてくれて、

最後は「明日そのNPO団体の方に一度会うだけでも会ってみる」

と言ってくれました。

 

このケースでは

電話で相手のささいな言葉、言葉じり、声のトーン、リズム、スピード

を観察しつづけて、

同時に自分のなかで起こる状態を観察しつづけて、

しだいにその人の特性や体験している世界、背景が浮かんできて

最終的に相手が求めていた言葉を準備できたように思います。

 

逆に小さな、ささいな点を観察、洞察をしないで

「つまりこういうことですよね」とか「ようするにこういうことですよ」とか、

急いで答えを出していたら

相手から、そのような反応は得られなかったでしょう。

 

シャーロック・ホームズの話に戻します。

 

彼はささいな、ちいさな要素をいくつも集め、

それらを関連づけていました。

そうすることで、ひとつの全体性がみえてくる。

一本一本の木を見ていき、やがて森全体がみえてくるように。

 

「シャーロックは架空の人物だから」

と思う人もいるかもしれませんが

彼にはベル博士という医師のモデルがいたそうです。

 

そのベル博士の持つ、患者の病気の兆候を探り原因を突き止める能力に

作者のアーサー・コナン・ドイルが敬意を抱き、

 

「ベル博士の手法を探偵業に応用したらどうなるだろう?」

 

という問いから生まれたのがシャーロック・ホームズ

 

ならば、シャーロックの手法が治療や心の改善に応用することもできるといえます。

 

(ちなみにNLPにはシャーロックホームズの思考パターンを参考にした「B.A.G.E.Lモデル」というものがあります。)

 

”観察・分析の訓練を受けた人間を騙すことはできない”byシャーロック・ホームズ

 

明日もよい一日を☆

 

≪PR≫
★――――――――――――――――――――――――――――☆

自分らしくNLPを実践し、自分と他者に影響を与える存在になる。

米国NLP協会認定資格取得講座
『米国NLP協会認定マスタープラクティショナー』

※再受講も受付けしております。

☆――――――――――――――――――――――――――――★

NLPの上級資格NLPマスタープラクティショナーコースを開催します。

プラクティショナーコースで学んだNLPをより深く理解し、
さらに自分のNLPとして実践できるよう学んでいきます。
マスターレベルのスキルの習得、
自然で自分らしく伝える力を養い、
あなたの関わっていく人や、大切な人、次の世代へ、
周りに望ましい影響を与えれる存在となるよう、
自分を磨いていきます。

 

【対象者】
米国NLP協会認定プラクティショナー以上の資格取得者

 

【内容】

レジューム1
・マスタープラクティショナーの説明
・プラクの振り返り
・一致と不一致
・閾値パターン
・センタリング

レジューム2
・ステートチェンジ
・リーダーシップ、
・スポンサーシップ
・モデリングアンカー
・推進システム
・プレゼンテーション

レジューム3
・知覚のフィルター
・ビリーフチェンジ
・スライトオブマウス
・ポジションチェンジ

レジューム4
・効果的質問
・SCOREモデル
・ディズニーストラテジー
・3人のメンター

レジューム5
・メタプログラム
・ポジションチェンジ(メタメタポジション)
・バリュー、クライテリア

レジューム6
・ミルトンモデル
・トランス誘導
・メタファー
・前提のスタッキング

レジューム7
・チェーンストーリー
・ネステッドループ(スタッキングリアリティ)
・交渉
・TDサーチ

レジューム8
・時制と空間の言語
・タイムライン
・ステーション
・個人セッション実践ワーク

レジューム9
・タイムライン
・プレゼンテーション
・ジョイニングセッション
・ロールプレイ

※内容は2019年10月時点での予定です。変更する場合があります。

 

【資格】
米国NLP協会認定マスタープラクティショナーの資格が発行されます。
全行程(9日間)受講することで、認定となります。認定試験はありません。

 

【日程】

2019年
12月14日(土)レジューム1
12月22日(日)レジューム2
2020年
1月12日(日)レジューム3
1月18日(土)レジューム4
2月 9日(日)レジューム5
2月23日(日)レジューム6
3月15日(日)レジューム7
3月21日(土)レジューム8
4月 4日(土)レジューム9

全9日間

 

【時間】 各回 9:30~17:30

 

【開催場所】  Docanふれあいねっと
名古屋市中村区椿町1-3 チサンビル第一名古屋403号室
名古屋駅から徒歩5~7分

 

【講師】 米国NLP協会認定トレーナー 渡邉 明範

 

【定員】 8名 (最低開講人数3名)

 

【お客さまの声】

「定年退職後に何かやれること」「若い社員の話を聞いてあげれたらいいな」という「前提」で
NLPを受講しまいたが、やっていくうちにその「前提」は自分を良く見せようと思うものであったことに気づきました。
先ずは「自分」変化したい自分と、このままでいいと思っている自分を客観的に見ることができました。
落ち込み時や、やりたくないことにぶつかったときにはNLPのワークを利用して随分と気分が軽くなることができました。
いろんな自分がいていいという気づきも貰えました。自分が許せるようになってきました。
そして、インプットだけでなくアウトプットがとても大切だということにも気づきました。

/ふーみんさん 50代 女性

 

以前、他で受講したときに信頼できる先生だと思い、今回再受講しました。
再受講を終えて本当に多くのことを気づかされました。
NLPを学ぶためというより、私自身を癒すための時間であったように思います。
再受講の目的はスキルや知識を学び、人のために使いたいと考えていましたが、
この講座で自分を癒し磨くことで身近な人にいい影響を与えられることがわかりました。
特別なことをしなくてもいい。等身大の自分であればいいと自分に許可が出せた気がします。
講座を終えて私が一番得られたことは平穏、安寧であったと思います。肩の力を抜いて笑顔で毎日を楽しみたいです。

/A.Iさん 40代 女性(再受講)

 

学ぶことに終わりはないのだなあと感じることが毎回でした。
復習をしているように感じることもあれば、講座が進むうちにその感覚が変わり、
新たに気づくことや、ステイトを発見できることも多くありました。
それはマスタープラクティショナーコースだからこそ分かったことです。
今までの学びが、今につながっていること、本当に嬉しく思います。
そして、いつも仲間に恵まれてとても幸せな時間でした。
自分を含め全ての人が変われる!!そう実感できるのがこのNLPだと思います。
そしてこれからも変わることができると確信しています、、、確信できるようになりました。
マスター最終日から数日後、妊娠が分かりました。NLPをやり始めた時には考えられない
誰もが予想できないことが次々と起こり、私にとっては奇跡の連続でした。
NLPってすごいですね!!それ以上にあっきー先生がすごいです!!

/まつのまいさん 30代 女性

 

【料金】 350,000円 ↓↓↓早割設定あります↓↓↓

12月1日までにお申込みで  318,500円(税込)

※再受講の料金については別途【再受講について】を参照ください。

 

【再受講について】

学習の黄金比率は予習0.5 学習1.0 復習2.0と言われています。
何度も繰り返し学ぶことで無意識の有能レベル(意識しなくてもできるレベル)へと達します。

・再受講は米国NLP協会認定マスタープラクティショナーの資格を取得済、または取得見込みの方が対象となります。

 

・再受講料金について

1.Aステーションで資格取得された方

9日間 60,000円(税込)
8日間 57,000円(税込)
7日間 54,000円(税込)
6日間 53,000円(税込)

12月1日までのお申込みで早期申し込み特典あります。詳しくはお問合せください。

※テキスト代、教材費込みの価格です。
※申込時点で受講日数を指定して頂きます。
※全レジュームの中から参加するレジュームをお選び頂けます。
※欠席した分は次期コースもしくは補講にて受講していただけます。

2.こちらが指定する団体で資格取得された方

9日間 80,000円(税込)
8日間 76,000円(税込)
7日間 72,000円(税込)
6日間 69,000円(税込)

12月1日までのお申込みで早期申し込み特典あります。詳しくはお問合せください。

※対象の団体についてはお問合せ願います。
※テキスト代、教材費込みの価格です。
※申込時点で受講日数を指定して頂きます。
※全レジュームの中から参加するレジュームをお選び頂けます。
※欠席した分は次期コースもしくは補講にて受講していただけます。

3.上記1.2.以外の団体で受講、終了した方

125,000円(税込)

※テキスト代、教材費込みの価格です。
※欠席した分は次期コースもしくは補講にて受講していただけます。
※詳しくはお問合せください。

さらに詳しい情報につきましては、気軽にお問合せください。

 

【申込&問合せ】 Aステーション
ホームページhttp://nlp-astation.jpの「お問い合わせ」から、
その際、申込み内容、住所、名前、電話番号、メールアドレスを記載願います。

 

何か不明な点などありましたら気軽にお問合せください。

 

≪PR≫
―――――――――――――――――――――――――――――――――
NLP個人レッスン

実践心理学NLPのスキルや考えをトレーナーがマンツーマンで指導します☆
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【NLP個人レッスンはこんな方に】

・NLPを学びたいが忙しくて定期的に講座に通うのが難しい。
・自分にあったペースで無理のない日程と時間で学びたい。
・特に認定資格は重要視していない。または資格取得済みである。
・スキルの実践方法についてトレーナーから個別で指導を受けたい。
・大人数や面識のない人といっしょに受講するのに抵抗を感じる。
・じっくりコーチング、NLPセラピーを受けながらNLPの技術も身に付けたい。
・既にNLPの講座に参加しており、習得済みのスキルなど、さらに磨きたい。
・NLPの講座で学んだが、いまひとつ習得できていない気がするのでもう一度学び直したい。

 

「NLP個人レッスン」の詳細はこちら
⇒http://nlp-astation.jp/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3/

 

≪PR≫
─────────────────────────────────
個人セッション (心理カウンセリング/セラピー/コーチング)
─────────────────────────────────
1馬力には限界があります。信頼できる専門家のサポートを受けることで
安心を手にすることができます。
1500件以上のカウンセリング実績、2000時間以上のカウンセリングトレーニング実績、
そして、包容力をもってあなたに寄り添い、問題を取り除き、安心と希望を取り戻すお手伝いをします。

 

「個人セッション」の詳細は、こちら
⇒http://www.co-astation.com/