遠道は近道

 

お疲れさまです。

 

いつもありがとうございます。

 

娘がマンガ「弱虫ペダル」に、ハマっています。

 

わたしが入院中に動画で観て、ポジティブな内容だったので子供にも見せたらハマりました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、高校の自転車競技が舞台の話です。

 

主人公は小野田坂道という控えめな一年生。

 

彼の所属する自転車部のキャプテンは金城真護という選手で

 

いつも適格な判断で、みんなを力強く引っ張っていく、

 

誰からも信頼されるキャラです。

 

そんな彼も、中学生の頃は自信がなく、一人では何も決められない状態で、

 

最初に出たレースもさんざんの成績でした。

 

その彼にロードバイクのイロハを教えたのは小関という社会人レーサー。

 

彼が金城の初レースの結果を受けて、

 

本人のいない場で語っていたセリフが、

 

「勝利も敗北も未来につながっているんです。

 

踏んだ一歩が先につながっていることだけ意識できていればいい。」

 

です。

 

 

 

「あの体験は無駄だったなあ」

 

「あの体験も意味があったなあ」

 

どう受け取るかは、その人の捉え方によりますが、

 

どちらにせよ、その体験が終わって

 

しばらくたった未来になってから

 

判断します。

 

それを体験している途中では、わかりません。

 

そういえば

 

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズも

 

「先を読んで点と点をつなぐことはできません。

 

後からふり返って初めてできるわけです。」

 

と言っていたのを思い出します。

 

 

我々は目標に向かうときに

 

最短ルートを通りたがります。

 

それが悪いというわけではありません。

 

人間は思考ができるので、自然とそうなります。

 

最短ルートを通ろうとしても

 

思うように、うまくいかなかったりして

 

結局、遠回りしてしまうことも多々あります。

 

「遠道は近道(とおみちはちかみち)」

 

という言葉がありますが、

 

今までを振り返ると、

 

いろんな場面で

 

自分が大切なことを学んだり、成長したときというのは

 

遠道が断然多かったように思います。

 

私のケースを一つ例に出すと、

 

NLPトレーナーの審査には3回目でようやく合格。

 

今だからわかりますが、

 

1回目で受かって、すぐに講座担当しても、うまく伝えれなかったと思います。

 

3回の受験のために、さんざん再学習したおかげで、

 

トレーナーになって、すぐに講座の担当ができました。

 

また、そこまでのプロセスで他の心理学も学び、

 

いろんな人との出会い、つながりもでき、

 

私の中にも「覚悟」というものが出来ていったように思います。

 

逆に、あのとき、1回目で受かっていたら、

 

ここまでトレーナーを続けてこれなかったかもしれないとさえ感じます。

 

 

近道を通ろうとして、うまくいかず、

 

結果、遠道になったとしても

 

それらは結局、今の自分を形成するうえで、

 

欠かせないものばかりだったと思っています。

 

遠道を行くことになったとしても

 

その遠回りの道のりのなかで

 

出会う事ひとつひとつに意味を与えられます。

 

表面的な「効率」というフレームだけ見ていると

 

「あれは無駄だったな」となるかもしれませんが、

 

もっと魂に近いレベルで観れると、

 

同じ体験をしても

 

「あれは意味があったな」と受け取ることができるのだと思います。

 

そして、それがわかるのは少し先のこと。

 

今は意味がわからなくとも

 

どの経験も未来につながっていると知っておくだけでも

 

よい氣を持つことができ、

 

それが、次の点を引き寄せると

 

感じる今日この頃です。

 

最後まで読んで下さり

 

ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆

 

 

よいお年を

いつもありがとうございます。

 

今年もあと少し。

1年間、

お疲れさまでした。

ご活躍さまでした。

お楽しみさまでした。

 

2022年はどんな年だったでしょうか?

 

私は2月に退院してから、

 

身体を少しづつ動かしたり

 

頭をつかったり

 

人と会ってコミュニケーションをとったり

(入院中は他人とコミュニケーションとる時間がかなり少なかったせいか、
退院直後は人に会うのがおっくうになっていました)

 

さまざまなリハビリをしてきた1年だったと思います。

 

今年の漢字で選ぶとしたら「再」(リハビリの「Re」)かなあと。

 

さて来年はどんな一年になるか?

 

 

最近、ある動画で

 

ある私の苦手な元政治家が出ていて

 

「私は今まで本当に多くの老害をみてきました。だから、そういう人は早く引退すべきです。」

 

と話していたら、MCの人が、

 

「では○○さんも”老害にならないために引退します。

 

だから皆さん一緒に引退しましょう”というのはどうでしょうか?」と、

 

冗談ぽく言ったら、その元政治家が

 

「それは言っちゃだめです」と慌てていました。

 

「あいつは老害だ」と言っている人が老害に見えるときもあるなあと思いました。

 

私は「刷新」という言葉が好きです。

 

最近は地図もスマホで見たりするので

 

車のナビを使うことも減ったかもしれませんが、

 

ナビのバージョンアップ(刷新)をしていないと

 

現実の土地、領土、場所は変化していっているため

 

道に迷ってしまうこともあります。

 

 

私たち人間も

 

世の中とはこういうものだ

 

という地図のようなものを脳のなかに創り

 

それを通して

 

世の中を見て聞いて感じて考えています。

 

他者に対してもこういう人だとか、

 

自分に対してもこういうやつだとか、

 

判断しがちです。

 

それらの地図もバージョンアップ(刷新)せずにいると

 

人生に迷ってしまうこともあります。

 

ある意味、

 

「あの人変わってしまったね(老けた、頭が固くなったなど)」

 

と言われる人は

 

実は自分を変えようとしてこなかった人で

 

「あの人変わらないね(若いね)」と言われる人は

 

常に小さな変化、刷新し続けてきた人かもしれません。

 

そういえば、

 

創業して400年以上続くとらやの羊かんは

 

ずっと同じ味というわけではなく

 

時代に合わせて微妙に変えてきたという話を思い出します。

 

 

人生で目のまえで起こること

 

それを通して我々は意識的であれ無意識的であれ、

 

学んでいます。脳が学習しています。

 

一生涯、それは続きます。

 

そして、その学習方法の学習をする人はあまり多くありませんが、

 

それをしているかどうかは大きな差を生みます。

 

それはすなわち

 

それはいかに自分を刷新し続けられるか?

 

その刷新するための知恵を持っているか?

 

ということでもあります。

 

私にとってはそれがNLPや心理学などだったりします。

 

「今年はサイアクだったなあ」と思っている人も

 

自分を刷新し続けていると何年かして

 

「あのときのあれのおかげで」と、

 

思える日がくるかもしれません。

 

 

最後まで読んで下さり、

 

ありがとうございます。

 

よいお年を☆

 

それが私のプライドです!

お疲れさまです。

いつもありがとうございます。

 

先日、10回目の結婚記念日でした。

「もう10年経つのかあ」

という思いと、

 

結婚前に安定していた仕事を辞め

先がどうなるかわからない状況でも一緒になってくれて、

大病を患ったときは懸命にサポートしてくれて、

もちろん、しんどい時だけではなく

楽しいとき、嬉しいとき

喜びのときもたくさんあって

それら含め

10年間、そばにいてくれたこと自体が

本当、有難いです。

 

まだまだ未熟ですが、

これからまた10年、20年と

祝っていけるように

磨いていこうと思います。

 

話は変わりますが、

私はサントリーボスのCMが好きです。

 

わずか数十秒に

さまざまな人間模様が描かれていて

昭和の人情的な感じかもしれませんが、

好きです。

 

今、思い出したのは、

内野聖陽さんと竹原ピストルさんが出演していた「25年間編」

プライドオブボスという商品のCM

もう6、7年前のもので、今は見れないのですが

頭のなかに今でも残っています。

 

その内容は次のとおりです。

 

25年前、

まだ若い内野は政治家を目指して

一人で街頭演説。

必死で訴えるも、

聴衆は殆どいない状態。

「誰も聞いちゃいないか、、、」と

落ち込む内野の前に

真剣に話を聞いていた

若者(竹原)が近づいてきて

「演説、感動しました。オレ、手伝わせてください」と、

声をかけます。

それが二人の出会い。

 

そこから、彼のサポートを得て、

精力的に選挙活動をし、当選。

初めて議員になります。

 

その後、

竹原は内野の付き人になります。

内野が地引網のイベントに出て、一緒に網を引くシーン。

地域の人に寄り添う活動をしているのがうかがえます。

 

内野は、どんどん出世していきます。

ハクもついてきて白髪もまじってきた彼が

料亭から出てきて車に乗り込むシーンでは

「理想論だけでは回らんな」と悩む姿が。

その内野に竹原は

「先生は間違ってないと思います」

それに対して内野は

「お前になにがわかる」

と突き放します。

 

そんなこともありつつも、

二人の間には絆があり続け、

竹原は付き人を続け、

内野が閣僚の椅子に座っているシーンが出てきます。

 

そして出会ってから

25年が経ち、

テレビで「内野議員辞職」の速報が流れるシーンになり、

内野は議員人生に幕をおろすことになります。

 

議員室を去っていく場面で、内野が竹原に

 

「この25年間を後悔していないか?」

 

それに対して竹原は

 

「良いときも、悪いときも、あなたのそばにいました。」

 

内野は竹原の肩をポンとたたいて労います。

 

最後に竹原の言葉が響きます。

 

「それが私のプライドです!」

 

 

このCM、思い出すだけで私はちょっと胸が熱くなります。

 

そっか、それも

 

”プライド(誇り)”になるんだなあと。

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆