欠けたところばかりでなく

お疲れさまです。

 

おかげさまで治療は順調に進んでいます。

 

入院中はクリーンルーム(無菌室)という特別な部屋に入っていて

 

そこから出ることは殆どありません。

 

部屋にはテレビがあるのですが、

 

その閉じた空間でニュース番組などみていると

 

ネガティブな情報や偏った報道などばかりで、

 

不快さを感じるのでなるべくつけないようにしていました。

 

そんななか、開催されたオリンピック。

 

その期間中は、テレビからのネガティブな情報量が減るので

 

有難かったです。

 

オリンピック開催中は毎日のように

 

選手たちのひたむきさに感動、涙させられていました。

 

 

今はパラリンピックを観ています。

 

自分は、パラリンピックをちゃんと観るのは初めてです。

 

最初に観たのが競泳。

 

見慣れてくるとその感覚も変わっていきましたが、

 

最初は正直、水泳は肌の露出も多いし、特別な器具等もつけていない。

 

どうしても、腕がない、足がないなど、

 

そこに目がいってしまい、

 

「どう観たらよいのだろう?」と変に考えてしまったりしていました。

 

そんな感覚のまま、競泳女子100m背泳ぎ(運動機能障害S2)を観戦。

 

そこに出場した山田美幸さん14歳の中学生

 

山田選手は生まれつき両腕がなく

 

足も左右長さが違う。

 

でも、競技が始って、

 

懸命に足でキックして

 

進む彼女の姿を見ていたら

 

「いけ!いけ!いけーっ!」と声を出して応援している自分がいて

 

ゴールしたときには感動して涙が出ていました。

 

みごとに銀メダル

 

パラリンピック最年少記録だそうです。

 

プールからあがって

 

コメントする彼女をみて

 

何でしょう?ものすごく「よかったね!」という気持ちと

 

障害者だからというのでなく

 

この子からにじみ出る”清らかさ”に

 

感動と涙がとまりませんでした。

 

後にある記事で知りましたが

 

彼女はパラリンピックに向け取り組んでいた

 

2019年に父親をガンで亡くしていて、

 

そのときに辛い思いをしています。

 

彼女が小さい頃、水をこわがっていたら

 

お父さんが「お父さん、昔はカッパだったんだよ」と和ませていたそうです。

 

競技の後、

 

「お父さん、わたしもカッパになったよ」と亡くなったお父さんに報告していたことや、

 

競技が終わった後にプールに向かってお辞儀をしていている山田選手に対し

 

リポーターが何をしているのか聞くと

 

「泳がせてもらっているので『ありがとうございました』と伝えました。」

 

と言っていたところとか、

 

なんか、すごいな。

 

心が洗われる感じがします。

 

笑福亭鶴瓶さんもラジオで

 

感動した競技として彼女の銀メダル獲得を挙げていて

 

彼女の人柄に感銘したようで

 

「ものすごく嬉しかったわ~」と。

 

その気持ちがすごくわかる気がします。

 

 

話は変わりますが、

 

ある有名ジャーナリストが

 

パラの開会式のパフォーマンスの

 

片翼の飛行機に例えた車いすに乗った少女が滑走路を飛び立つ場面に対し、

 

飛行機は安全第一だから不適切な表現だとか、

 

ツイートして、話題になっていましたが、

 

両腕のない選手が

 

”バタフライ”の競技で泳いでいるのを私は見て

 

「ちゃんと飛んでるじゃん。」

 

って言ってやりたいと思いました。

 

パラリンピックの精神

 

”失ったものを数えるな 残されたものを最大限生かせ”

 

欠けたところばかりに目をむけるのではなく

 

有るもの、足るもの、できることに意識を向ける。

 

筋肉だったり、脳の機能だったり、

 

身体的にも精神的にも

 

まだ使っていない部分、

 

「それが自分のなかにある」と、

 

まだ自分で気づけていない部分。

 

 

”可能性”というものを

 

暗に感じさせてもらっている気がします。

 

 

そして、そこに参加する選手たち

 

年齢とか経験とかに関係なく

 

その人の”たましい力”を見せつけられ

 

自分も「よし!」という気持ちになるような

 

そんなエネルギーをもらえています。

 

最後まで読んでくださり、

 

ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆

 

入院中です

 

いつもありがとうございます。

 

暑い中、お疲れ様です。

 

木曜から世間は連休ですね。

 

オリンピックも始まります。

 

今回は久しぶりのメルマガ投稿になります。

 

実は今、病院のベットの上でこの記事を書いています。

 

私事になりますが

 

6月の中頃に急性骨髄性白血病と診断され、

 

治療の為、現在入院中です。

 

ですので、しばらくの間、

 

個人セッション(カウンセリング、コーチング)や、講座などの

 

ご依頼が受けることができません。

 

再開の時期は今のところ未定ですが、

 

治療が順調に進めば半年程で退院とのことです。

 

ご不便をかけ、申し訳ございません。

 

何卒、よろしくお願い致します。

 

5月の中頃に池江璃花子さんの記事を書いていましたが、

 

まさかその一か月後に自分が同じ病で入院するとは思ってもみませんでした。

 

白血病ではありますが、

 

そのなかでも予後の良いタイプのものらしく、

 

治療期間はそれなりにかかりますが、

 

頑張ってしっかり治療すれば、

 

ちゃんと回復するし、後遺症も出にくいそうなので

 

大丈夫です。

 

事情を知った方から、有難いことに、

 

「心配だ、心配だ」との声を頂くこともあるのですが、

 

もしよろしければ、

 

心配する代わりに、応援して頂ければ、より有難いです。

 

 

入院までの経緯としましては、

 

6月の前半くらいに、急に39度を超える熱が出て

 

そこから熱が3~4日続き、

 

足のスネあたりにポツポツと赤い発疹のようなものが出て

 

さらに脇腹に内出血のようなアザが出ました。

 

熱が下がった後、

 

近くのある内科クリニックに予約の電話したのですが

 

このご時世、熱が出た人は診てもらいにくく

 

「皮膚科に行かれたほうがいいんじゃないですか?」と。

 

で、後日、以前から利用している皮膚科で受診

 

足のポツポツも脇腹のアザも内出血らしく

 

高い熱が出ると内出血することあると言われました。

 

そこの皮膚科は待ち時間はかなり長いけれど

 

その分、先生は丁寧な診察をする方で

 

「多分、大丈夫だと思うけど、念のために採血しときましょうか」と。

 

その採血の結果、白血球の数が異常なことがわかり

 

先生もちょっと動揺しつつ「採血しておいてよかった、、、」と

 

呟いていました。

 

すぐに地元の大きな病院の血液内科への紹介状を書いてくれて

 

後日その病院で受診したところ、

 

ドクターから「渡邉さん、これ、白血病ですな」と。

 

一瞬、頭が真っ白になりました。

 

「今、血小板が異常に少ない。輸血しないと命に係わるので今すぐ入院してください」

 

とのことで、帰宅することなく、そのまま即入院となりました。

 

入院して、骨髄を採取して詳細な結果が判るまで数日かかるのですが、

 

その最初の数日間は、正直、メンタル的にきつかったです。

 

検査の詳細な結果が出て、

 

予後がよいタイプのものだと判明してからは

 

少し気持ちが軽くなりました。

 

今は前向きに頑張って治療に取り組んでおります。

 

今はコロナの影響で面会が全面禁止になっていて、

 

また、白血病の治療の性質上、

 

入院中は家族とも一切会えない状態です。

 

荷物のやりとりも看護師さんを通してです。

 

この病室の中で一人でいると

 

いろいろな感情や考えがぐるぐる回ってはきますが

 

そんな中で、せっかく心のことを学んできたのだからと

 

いろいろ実践してみたりしています。

 

例えば以下の質問を自分に問いかけたりしてみました。
(効果的質問、リフレーミングです。)

 

「このことのよかったと思えることはどんなことだろうか?」

「自分は運がいいと思えることはどんなことだろうか?」

「自分は恵まれていると思えることはどんなことだろうか?」

 

すると返ってきた答えとして

 

運がよいと思えることは

・病気が見つけられたこと自体、運がいい。

・家族の他の誰か、妻や子供らでなく、患ったのが自分だということ。
自分であれば自分が頑張ればよいので。

・もしかしたらあの内科クリニックだったら判らなかったかもしれない
かえって丁寧に見てくれる皮膚科で見てもらえたから発見できたかも。運がいい。

・皮膚科受診の翌日に名古屋での講座の仕事が入っていたが、先生に引き留められたこと。
後日の血液内科の検査で血小板の数値が異常に低いことが判明したが、
もし、あのとき名古屋までいっていたら、道中、ふらついて転んだり、
頭を打ったりなんかしたら、それこそ命がなかったかもしれない。
あのタイミングで皮膚科を受診でき、先生に引き止めてもらえたことは運がいい。

・妻が「熱よりアザが気になる」と言って熱が下がっても、診察を押してくれたこと。

・紹介してもらった病院の血液内科が白血病治療の実績のある病院だということ。

・担当の医師はまだ若いが誠実な人で患者に寄り添ってくれる医師であること。

・担当の看護師が一生懸命サポートしてくれる人ばかりであること。

・無菌室、クリーンルームという特別な病室に入って治療するが、
そこの部屋に空きがあったこと。

・20代とか若すぎたり、70代で体力が衰えていたりする年齢でなく
今の年齢でなったということ。

・10年、20年前の医療でなく、治療技術が進んだ今であること。

・生命保険に入ってあったこと。

 

など

 

恵まれていると思えることは

・戻りたい、帰りたいと思える場所があること。
私にとってはそれが、妻、子供たち、親、家族のいる場所がそれ。

・妻が一生懸命にやってくれていること。
子育てだけでも大変な中、私のいない家を守り、
さまざまな面で私のサポートをしてくれていることと、
それができる人だということ。
「会いたい」と思ってくれること。そんな妻がいてくれること。

・子供たちが応援してくれること。
手紙を書いてくれること。動画メッセージを送ってくれること。
「会いたい」と思ってくれること。思いやりのある子に育ってくれていること。
そんな子供たちがいてくれること。

・親が見守ってくれていること。
母親が健在で、見守ってくれていること。

・友人、仲間がいるということ。
私の状態を知った友人や仲間が、労ってくれたり、勇気づけしてくれたり
祈ってくれたりすること。

・仕事面で迷惑をかけてしまっているにも関わらず、逆にこちらを気遣ってくれる
お客さま(クライアント、受講生、取引先のスタッフの方々)がいるということ。

・心から「生きたい」と思えること。そういう状態にあるということ。

 

などなど、

 

まだまだ出てくるかと思いますが、

 

NLPや心理学を学んであったことも、

 

よかったことの大きなひとつだと感じています。

 

 

今後も治療の段階や、その日の身体の状態によって

 

メンタルもその影響をうけるかと思いますが

 

学んできたことを実践して

 

できるだけ自分の心を調えれたらなと思います。

 

 

つい先日、

 

一回目の抗がん剤治療後の経過が順調ということで

 

一か月ぶりに一時帰宅の許可が出ました。

 

2日間ですが、久しぶりに病室から出て

 

外の世界を五感で感じることができ、

 

そして、大切な家族と同じ空間で充実した時を過ごせました。

 

病室にもどった今、

 

感じていること、思うことはいろいろありますが、

 

その2日間の帰宅は

 

私にとって

 

どんな旅行よりも、楽しかったというか、充実していたというか、

 

なんか、とてもいい時間だったなあと。

 

治療はこれからもしばらく続きますが

 

頑張りどきは、頑張り、

 

休むべきときは、休み、

 

頼るべきときは、頼り、

 

焦らず、自分の状況にあったペースで、

 

祈りつつ、

 

治していきたいと思います。

 

今回は殆ど自分の近況報告のような形になりましたが、

 

最後まで読んでくださり、

 

ありがとうございます。

 

皆さまの身体と心が健康でありますように。

 

明日もよい一日を☆

 

 

真実と感想を分けて考える

 

 

お疲れ様です。

 

自分が中学生か高校生くらいのときだったか、

 

ニュースステーションという番組が始まりました。

 

当時、大人気のザ・ベストテンという

 

歌番組の司会を黒柳徹子さんとともに担当していた久米宏さんが

 

局を移動し、その番組のキャスターになるということで話題になりました。

 

それまでのニュース番組とは全く違ったスタイル。

 

インパクトが大きかったのを覚えています。

 

それまでのニュース番組といえば

 

起こった出来事をただ伝えるだけという印象でしたが

 

キャスターの久米さんや小宮さん、他のコメンテーターたちが

 

感想や意見を述べる時間がかなり増え、

 

そのスタイルが視聴者に受けました。

 

私も当時は正直、面白いと感じ、観ていました。

 

感情にダイレクトに刺激を受けていたからというのもあると思います。

 

その後、他局もそのスタイルを真似していきました。

 

現在はキャスターがコメントを語ることは一般的です。

 

 

この、キャスターやコメンテーターの意見や感想、

 

本人のものか、言わされているのか、わかりませんが、

 

それを視聴している多くの人が自分で気づかないうちに、

 

自分の意見のように意識の奥に刷り込まれていたりします。

 

私は心理学、NLP、催眠療法などを学ぶなかで、

 

少しずつ、そのことに気づいていきました。

 

これはまだ、心理学とかを学ぶ前の、

 

30代前半かそれくらいのときだったと思うのですが、

 

たしか立川志の輔さんだったような、、、

 

雑誌のインタビューで

 

「今のニュースは不要な情報やコメント、意見が多い。

 

本来は教育テレビ(今のEテレ)の手話ニュースのような、

 

出来事だけを伝えるのがよい。」

 

といったようなことを語っていたように記憶しています。

 

当時、その意味をよくわからず読んでいたのですが、

 

なぜか印象に残っていて、

 

NLP、催眠を学んだときに

 

ガッテンがいきました。

 

人は良くも悪くも”感情”で動きます。

 

 

経営コンサルタントの坂上仁志さんという方は

 

ご自身のYoutube動画でよく、

 

「事実」と「感想」を分けて考えよう。

 

と話しています。

 

 

私もカウンセリングをしているときに、

 

それは「事実」か?

 

それとも、そのクライエントの「ビリーフ(思い込み)」か?

 

ということを考え、

 

アプローチをする場面がよくあります。

 

 

とある女性、もう十数年働いていない状態。

 

その方は

 

「私は人とコミュニケーションがとれないんです」

 

とおっしゃってました。

 

この言葉は「事実」ではななく、

 

その方の「思い込み」つまり「感想」です。

 

何がそう思わせるのか?と、少しずつ確認していくと

 

「だって、何を話してよいかわからないんです。」

 

とのこと。

 

私が

 

「最初のカウンセリングから、結構経ちますが、いつも私と普通に話しているじゃないですか。」

 

と言うと

 

「先生は大丈夫なんです」

 

では、どんなときかと確認していくと、

 

初対面の人の前でそれが起こる。

 

女性は比較的OK、身内や友人はOK、彼氏はOK。

 

好きなお笑い番組の話になると結構、語る。

 

確かに、カウンセリングに来た最初の頃は

 

何を話していいのかわからず、もじもじしていました。

 

けれども、

 

来てくれた当初から、その方は

 

私の話す内容をしっかりと耳を傾けて聞いてくれました。

 

むしろ、聴く力は他の方と比べてもとても高いと感じました。

 

コミュニケーションは「話す」もあれば「聞く」もあります。

 

むしろ、「聞く」のほうが大切と言っても過言ではありません。

 

まさにカウンセラーはそうですし、営業でも、他のビジネスでも必要不可欠だったりします。

 

「コミュニケーションがとれない」というのは「事実」ではなく

 

「初対面あるいは知り合って間もない人に対し、話そうとするときに

 

緊張して、何を話そうか、言葉が出てこないときがある。」

 

こっちのほうが「事実」に近い。

 

 

「自分はコミュニケーションがとれない」

 

ということが事実でないという証拠をいくつか

 

本人もそれを見ていくうちに

 

その暗示が解け、

 

その数週間後には長年望んでいた再就職を果たしました。

 

そして、その後のカウンセリングでは

 

就職した先で他の従業員さんから相談されるという話を

 

何度かしてくれていました。

 

 

すべての思い込み、感想、考えが悪いというのではありません。

 

その感想、考えが、誰にどんな影響を与えるかです。

 

その人の可能性を制限するような、役に立っていない場合は

 

それを変化させることで、うまくいくことが多々あります。

 

 

新聞やテレビ、そしてネット、

 

メディアの情報に対しても

 

見たり聞いたり、読んだりするときに

 

 

「真実」と「感想」を分けて考える。

 

 

これは自分が望まない方向に洗脳されないために

 

または洗脳を解くために

 

とても役立つことです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆