自分を許すことさ

お疲れさまです。

 

何年か前、

 

頭のなかで渡辺美里さんの「マイレボリューション」が流れてきて

 

それを小声で歌ったところ

 

歌詞を間違えてしまいました。

 

「わかり始めたマイレボリューション 自分を許すことさ~♪」

 

歌った瞬間、

 

歌詞間違えたことに気づきましたが、

 

私の中では妙にしっくりくるなあと、

 

一致感がありました。

 

 

先日、私の子供(6歳の娘と3歳の息子)が

 

二人で遊んでいるのを近くで見ていました。

 

姉のほうが弟をおんぶしてあげようと、

 

弟を背中に背負おうとしたのですが

 

まだそれだけの力が足りなかったようで

 

背中にのせた瞬間、

 

重みで後ろに倒れてしまいました。

 

弟は痛かったのと、びっくりしたのとで

 

息子は大声で泣き出しました。

 

姉のほうは

 

「だって、〇〇ちゃんが首に手をまわすから…」

 

と唇をふるわせながら、、、

 

ここで、私に余裕がない状態だったら、

 

「弟は悪くないでしょ」と言ってしまったかもしれませんが、

 

このときは

 

「この子のなかで何が起こっているのだろう?」と、

 

姉の様子をちゃんと観ようとしました。

 

 

すると、

 

この子は心の底では

 

”弟のせいではない”

 

それはわかっている。

 

そして、言葉では”弟のせいだ”と言いつつも

 

その裏では”自分のせいだ”と、

 

自分を責めているのがわかりました。

 

私は

 

「”自分のせいだ”って思ってない?

自分のせいで弟を痛い目にあわせちゃったって思ってない?」

 

ときくと

 

我慢していた涙が溢れ出し

声をあげて泣きだしました。

 

「だれが悪いとか、そんなの決める必要ないよ。」

 

だったか、

どんな言葉だったか忘れましたが

とにかく自分を責めるのをやめるよう、

許すよう伝えました。

 

すると、しばらく泣いて、感情が収まってきたころ

 

姉から弟に対して「ごめんね」と自分の意思で謝り、

 

弟も「いいよ」と返していました。

 

その様子をみていた私は

 

改めて学ばせてもらったような氣がします。

 

大人でもこれと同じような場面を体験します。

 

カウンセリングの相談でもときどきあります。

クライアントが誰かを責めているとき

確認していくと自分で自分を責めていることがよくあります。

 

かく言う私も

それをしてしまうときがあります。

 

そんなときは

あの替え歌でも歌っておこうかなと思う今日この頃です。

 

「わかり始めたマイレボリューション 自分を許すことさ~♪」

 

と、この記事書きながら頭のなかで再生してたら、

 

渡辺美里さんのまねをする友近さんの姿が浮かんできた、、、けれど、

 

それもよし。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

明日もよい一日を☆

よいお年を

おつかれさまです。

今年もあとわずかですね。

どんな一年でしたでしょうか?

 

私は今年の春くらいに、

なんとなく「乗り越える」というのがキーワードが浮かんで

今年は何かを乗り越える年なのかなあと、

うっすらどこかで感じていました。

 

いろいろ思い通りにならないこともありましたし、

父との別れを経験したときは

「このことか」とも思いました。

 

”四苦八苦”

 

という言葉があります。

 

先天的な四苦として

 

生きる苦しみ

老いる苦しみ

病む苦しみ

死ぬ苦しみ

 

それに二次的、後天的な四つの苦しみ

 

愛別離苦(愛する者との別れる苦しみ)

怨憎会苦(嫌な人といっしょにいる苦しみ)

求不得苦(求めるものが得られない苦しみ)

五蘊盛苦(五蘊(色受想行識:物質、感覚、想像、欲求、意識)に執着するする苦しみ)

 

すべての人がこれらを経験します。

 

そして、乗り越え成長していく。

 

多くの人は

オートマチックに

欠けた部分、出来てないこと、うまくいっていないことに意識が向きがちですが、

 

焦点を変えれば、

できたこと、うまくいったところ、がんばったことも

気づけていないだけで、

たくさんあります。

 

いくつかの苦も乗り越えていたりします。

 

この一年の自分を振り返り

「うまくいったことは何か?」

「がんばったことは何か?」

「感謝できることは何か?」

 

そんな質問を自分に向けてみて、

そして、

 

「すごいね」

「よく頑張ったね」

「おつかれさま」

「ありがとう」と

 

一年の終わりに自分で

自分を慰労してあげるのもよいのではないでしょうか。

 

またあらたな年がやってきます。

よいお年を☆

自行化他

 

お疲れ様です。

 

仕事柄、

学校の先生が子供を傷つけるような指導をしているという話を聞くことがあります。

その先生に悪意はない場合もあります。

ですが、

悪意があってもなくても傷の深さには関係ありません。

むしろ無意識にやっているほうが、

深い傷をつけることが多い。

 

カウンセリングでも、

小、中学校のとき、先生からの言葉や態度に傷つき、

それがトラウマになったという

相談を受けることも結構多いです。

私自身、小学校のときに先生に言われた一言を

20年以上引きずった経験があります。

 

子供にとって先生という存在は影響力が強い。

それはプラスにもマイナスにも働きます。

 

わたしは先生と呼ばれる人など、

影響を与える立場にいる人こそ、

「もう知っている」ではなく、

学び続け研鑽していくことが必要だと思っています。

 

”自行化他”とう言葉があります。

 

”自行” 自分の学びを深めること、研鑽することです

 

”化他” 他者の変化をサポートすることです

 

自行したなら化他すべし

それを学んだのなら、実践し他者に貢献する。影響を与える。

 

化他するなら自行すべし

他者に影響を与えるなら、自らの学びを深める。研鑽し続ける。

 

自行 ⇔ 化他

化他 ⇔ 自行

 

今まで私の担当したNLPのクラスには

学校の先生や、保育園の先生など、

先生と呼ばれる方に参加いただいたことがあります。

また、先生だけでなく、指導する立場の方

会社の社長やリーダー職、インストラクター、コーチ、セラピストなど

そういった方々にも参加して頂きました。

 

すごいことです。

一般的には知識を得れば得るほど

教えることには慣れていき、

教わることが下手になっていく傾向があるのですが、

 

学ぶ姿勢をもった方々には

本当に尊敬できるリーダーの資質を感じます。

 

あと、影響を与える存在ということでいけば、

親もそれにあてはまります。

「育児」するために「育自」をする。

「育自」したら「育児」に活かす。

 

”自行化他”

 

私もカウンセラー、トレーナーとして

また、

父親として、

その精神を持ちつついきます。

 

明日もよい一日を☆

 

≪PR≫
★――――――――――――――――――――――――――――☆

自分らしくNLPを実践し、自分と他者に影響を与える存在になる。

米国NLP協会認定資格取得講座
『米国NLP協会認定マスタープラクティショナー』

※再受講も受付けしております。

くわしくはこちら

☆――――――――――――――――――――――――――――★