きりのよくないところで

お疲れ様です

いつもありがとうございます。

 

「きりのよいとところで」

 

なにかをしているとき、

区切りのよいとこまでやろうとすることがあります。

 

私も仕事や本など読むときなど

そうすることが多かったのですが、

 

きりのよいところまでやって止めるよりも

きりのよくないところで、止めるほうが

 

その続きを行うモチベーションが

維持しやすくなることが多いようです。

 

たとえば、少し厚めの本を読むとき

 

第1章、2章の終わりまでと、

きりのよいところまで読んで止めるのと

 

1章を読んで2章を少し残して途中で止めたり、

2章を読んで3章の途中ので止めたりするなど

きりのよくないところで中断するようにするのでは、

 

後者のほうが

再度、その本を手に取る確率があがります。

 

「完了させたい」「完成させたい」

という欲求が生まれます。

 

内容や場面にもよりますが

なかなかモチベーションの維持ができない作業などがあれば

きりのよくないところでで止めてみる

というのを試してみてもよいかもしれません。

 

最後まで読んで下さり

ありがとうございます。

 

明日もよい一日を☆